収塚古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
収塚古墳
Osamezuka Kofun.JPG
所属 百舌鳥古墳群
所在地 大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町
位置 北緯34度33分31.6秒 東経135度29分17.0秒 / 北緯34.558778度 東経135.488056度 / 34.558778; 135.488056
形状 前方後円墳
規模 墳丘長61m 
出土品 円筒埴輪
築造時期 5世紀
史跡 国の史跡(1958年指定)
テンプレートを表示

収塚古墳(おさめづかこふん)は、大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁150-2に所在する古墳である。百舌鳥古墳群に属する前方後円墳帆立貝形古墳とも)で、すぐ近くにある大仙陵古墳陪塚とされる。国の史跡に指定されている。

概要[編集]

大仙陵古墳の前方部南東端に面している。前方部は削平され周濠も埋没しているが、後円部径42メートル余り、後円部高さ4メートル余りあり、推定全長61メートルに復原できる。内部主体は不明。昭和33年(1958年)に国の史跡に指定されている。現在、古墳の周囲は大仙公園の拡張予定地になっている。平成18年~19年(2006年~2007年)に堺市教育委員会によって削平された前方部の範囲と周濠を確認するため小規模の発掘調査が行なわれた。この際の出土遺物の多くは円筒埴輪で少量の須恵器も出土している。他に墳丘頂部からはかつて短甲片が採集されている。これらの遺物から推定される年代は5世紀中頃から後半である。

形状・規模[編集]

昭和33年(1958年)に基底径約40m・高さ4.5mの円墳として国の史跡指定を受けているが、 平成元年(1989年)以降の立会調査や発掘調査により、前方部の短い帆立貝形前方後円墳であることが明らかになった。 [1]

平成20年度(2008年度)地中レーザー探査にもとづき、墳丘長57.7m ・前方部長さ26m・後円部径42m・高さ4.2mと推定された。 [2]

平成27年(2015年)の発掘調査により濠の外周が明らかになり、全長72.5m・墳丘長59m・後円部径42mの帆立貝形前方後円墳の復元図が作成された。 [3]

周濠の現状[編集]

現在、前方部と後円部の周濠の一部が歩道や広場にカラー舗装で復元表示されている。 ただし、周濠の後円部の表示が二重になっているのは、歩道側が1997年、広場側は2015年調査結果にもとづいて復元されたためである。 周濠の前方部は2015年の調査結果をもとにカラー舗装で全体の大きさが表現されている。

出土品[編集]

前述の円筒埴輪、須恵器の他に朝顔型埴輪、形象埴輪、多数の葺石が出土されている。葺石は八割以上が和泉市から岸和田市にかけての河川で採取されたものと推定されている。[4]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 松村隆文「収塚古墳」『日本古墳大辞典』 株式会社東京堂出版 1989年
  • 『百舌鳥古墳群の調査 10』 堺市教育委員会 2016年
  • 『百舌鳥古墳群の調査 3』 堺市教育委員会 2010年


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 百舌鳥古墳群の調査10 p.2
  2. ^ 百舌鳥古墳群の調査3 p.134
  3. ^ 百舌鳥古墳群の調査10 p.36
  4. ^ 百舌鳥古墳群の調査10 p.32−35

関連項目[編集]