御廟山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
御廟山古墳
Mozu Gobyo-yama Kofun zenkei.JPG
墳丘全景(手前に前方部、右奥に後円部)
別名 百舌鳥御廟山古墳
所属 百舌鳥古墳群
所在地 大阪府堺市北区百舌鳥本町1丁
位置 北緯34度33分17.52秒
東経135度29分25.71秒
座標: 北緯34度33分17.52秒 東経135度29分25.71秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長203m
埋葬施設 不明
出土品 埴輪など
築造時期 5世紀前半
被葬者宮内庁推定)第15代応神天皇
陵墓 宮内庁治定「百舌鳥陵墓参考地」
特記事項 全国第35位の規模[1]
地図
御廟山古墳の位置(大阪府内)
御廟山古墳
御廟山古墳
テンプレートを表示

御廟山古墳(ごびょうやまこふん)は、大阪府堺市北区百舌鳥本町にある古墳。形状は前方後円墳百舌鳥古墳群を構成する古墳の1つ。内濠は国の史跡に指定されている(史跡「百舌鳥古墳群」の一部として)。

実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により「百舌鳥陵墓参考地」(被葬候補者:第15代応神天皇)として陵墓参考地に治定されている。

概要[編集]

光明院に伝わる
長持形石棺
堺市博物館展示。一説に御廟山古墳での使用が推測される。

百舌鳥古墳群のほぼ中央、大仙陵古墳の南東に位置する。墳丘長約203メートルで、百舌鳥古墳群では4番目の大きさである[2]。墳丘は3段に築かれ、南側に造り出しがある。発掘調査により、かつては二重濠があったことが確認されている。陪塚は数基あったとされるが、万代山古墳(もずやまこふん)のみが現存している[2]

主体部の構造や副葬品などは不明。現在では宮内庁陵墓参考地に指定している。

2008年に墳丘部周囲の崩落補修、倒木などの撤去工事が行われ、同年11月28日に、宮内庁と堺市がそれぞれの管理区域の発掘調査を行い、29と30日には環濠部に設けられた通路からの一般公開が行われた。その際の測量により、従来は約186メートルとされていた全長が、約200メートルであることが確認された。また、江戸時代前期に環濠が農地用水の溜池として利用されていた際に、環濠の拡張工事が行われ、墳丘部が一部削り取られていたことも判明した。

2018年に内濠が国の史跡に指定された(史跡「百舌鳥古墳群」の一部として)[3]

規模[編集]

古墳の規模は次の通り[2]

  • 墳丘長:203メートル
  • 後円部直径:113メートル
  • 前方部幅:136メートル

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古墳大きさランキング(日本全国版)(堺市ホームページ、2018年5月13日更新版)。
  2. ^ a b c 百舌鳥古墳群(堺市) & 2014年, pp. 43-44.
  3. ^ 平成30年10月15日文部科学省告示第193号

参考文献[編集]

  • 『堺の文化財 百舌鳥古墳群』 堺市文化観光局文化部文化財課、2014年

外部リンク[編集]