原胤敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 胤敦(はら たねあつ、寛延2年(1749年) - 文政10年(1827年))は、江戸時代後期の人物。千葉氏支流原氏の出といい、甲斐武田家の家臣原胤歳の子孫。八王子千人頭。通称は半左衛門。

略歴[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 多摩大学/多摩学電子新書Vol.8