単管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

単管 (たんかん) とは、建築工事で用いられる機材の一種で 単管パイプ の略。建築現場で作業をするための足場用資材として利用されることが多い。

  • 「単管」という言葉をはずして、単にパイプと呼ばれることがある。単管パイプの直径規格はJIS G 3444によって48.6 mmと規定されている。長さは多種あり、規格外の単管パイプも販売されている。
  • 単管パイプの端から7 cmの所にピンを付け、直線ジョイントで連結させて長さを延長する。また、ピンの代わりにプレス加工でくぼませた物を「ダボ」と呼ぶ。
  • ピンもダボもない物を「バタ」と呼ぶ。バタパイプはボンジョイントで連結するが、ボンジョイントは人が乗る足場での使用は禁止されている。