単板綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
単板綱
生息年代: カンブリア紀–現世
Neopilina.jpg
コペンハーゲン大学動物学博物館にあるNeopilina galatheae のホロタイプ標本
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物Mollusca
亜門 : 貝殻亜門 Conchifera
: 単板綱 Monoplacophora
学名
Monoplacophora Odhner, 1940

Tryblidiida

単板綱(たんばんこう、 学: Monoplacophora)は軟体動物の一つ。絶滅群であると考えられていたが、1952年深海海底から発見された。現在まで十数種の現生種が発見されている。Monoplacophora は「一つの殻を持つもの」を意味する。現生種は深海底に住む。

単板類の生態はあまりわかっていない。は一枚であり、丸く、左右対称である。ヒザラガイ(多板綱)カサガイ腹足綱)の殻に似る。殻は薄くもろい。殻の頂点は前方に向く。

器官には体節様の繰り返しが認められる。この体節制は環形動物の体節制に類似しており、両動物群の関係を暗示している。

筋肉質の円盤状の足で移動する。左右に5~6対存在するによって呼吸を行う。

頭部触角を欠く。泥やデトリタスを食べているものと考えられている。

Neopilina galatheae1952年現生種として初めて発見された。それ以前に古生代化石が報告されている。体長は0.5~3.0cm程度。

分類[編集]

ITIS(Integrated Taxonomic Infomation System)による

  • 目:Tryblidiida
    • 科:Laevipilinidae
      • 属:Laevipilina McLean, 1979
        • 種:Laevipilina hyalina J. H. McLean, 1979
    • 上科:Tryblidioidea
      • 科:Neopilinidae
        • 属:Neopilina Lemche, 1957
          • 種:Neopilina galatheae
      • 科:Tryblidiidae

外部リンク[編集]