半側発汗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

半側発汗(はんそくはっかん、: hemihidrotic reflex)とは、反射の一種で、一側の側胸部や側臀部を圧迫すると、圧迫側で発汗が抑制され、その反対側の発汗が増える皮膚圧発汗反射の現象[1]

日常レベルでの応用として、を胸の高い位置で結ぶことで顔からの発汗を抑制する方法(「芸者の高帯」)が古くより知られているが、実証はされていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本生理学会 (1991年4月10日). 新・生理学実習書. 南江堂. 

関連項目[編集]