午後入試

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

午後入試(ごごにゅうし)とは日本の中学受験において行われている入学試験の一形態。名の表すとおり午後に実施されている入学試験であり、中学受験においては多くの学校で実施されている。

午後入試に出願した受験生の多くは午前日程には別の学校に出願しており、午前に受けた学校の滑り止めという形で午後入試を受験している。午後受験を利用することにより一日に二校を受験するという日程が組めるようになるため、受験生にとっては選択の幅が広がる。午後入試を受験する受験生の多くは学力的には本来に受験する層よりも高い学力を有しているために学校にとっても午後入試を実施するメリットは大きい。偏差値表を見ればいずれの学校でも午後入試の方が午前入試よりも高い偏差値が出ている[1]

21世紀初頭、中学受験において午後入試が登場した頃はきわもの扱いされたものの、それから数年経た後には午後入試は市民権を得ており、2011年の中学受験では半数近くの学校が午後入試を実施していた。2011年の首都圏の午後入試の全応募者は45000人に達し、これは受験生の全員が一度は午後入試を受けているという計算になる[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]