千葉貴俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

千葉 貴俊(ちば たかとし、1971年7月8日 - )は、日本プロミュージシャン東京都出身。血液型B型

3B LAB.☆Sリーダーで担当はベースコーラス。たまにアコースティック・ギターを演奏する。

人物[編集]

  • 長髪が特徴。
  • メンバーの中では最年長であり、比較的大人しいのが印象。
  • メンバーの中で唯一の既婚者。子持ち。ちなみに岡平の19時代のシングル「たいせつなひと」は彼が結婚したことがきっかけで出来た曲である。
  • 以前は派手な髪型であり、アーティスト写真やライブでもやんちゃな部分を見せていたが、若いメンバーの加入や家庭環境が手伝って落ち着いたキャラクターとなっていると思われる。メンバーの岡平も以前は「タカ」などと呼んでいたが、そうしたキャラクターや年齢から現在は「千葉ちゃん」と呼ばれている。
  • もともとバンド結成前はギターを担当するつもりであったが、メンバーが集まらなかったため現在の形になる。
  • 数は少ないが初期の作品には彼が作曲・作詞、さらにはボーカルを担当した曲もある。
  • 音楽に関してはストイックと評されている。
  • 左利きである。そのため、ギターの手癖も左利き特有なものがあると自ら話している。
  • 3B LAB.☆S以外では、AURAREDS☆らと結成したバンド「JIU〜慈雨」でベースを担当している。

3B LAB.☆S結成までの履歴[編集]

  • 19であり、現3B LAB.☆Sのボーカルである岡平健治とは元々師弟関係であり、岡平が19時代の時、曲が出来たら電話で聞かしてもらっていた。19の楽曲「以心伝心」を最初に聴いたのは千葉とされる。
  • 19時代以前から楽曲制作を岡平と共にしていた。
  • 音楽学校メーザーハウス音楽理論等を学び、ミュージシャンになる。
  • 健治だけが、偶然ライブの打ち上げで出会った玉越理寛のキャラに一目ぼれし、2001年に、3B LAB.☆をしぶしぶ結成する (千葉は玉越のメンバー入りを反対したからである)。

外部リンク[編集]