千々石カルデラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島原半島と橘湾(左)

千々石カルデラ(ちぢわカルデラ)は長崎県に位置する直径11kmのカルデラである。位置的には橘湾とほぼ一致する[1]

概要[編集]

かつては構造的な陥没地形だと考えられていた。しかし、1973年、九州大学理学部の太田一也がその地質学的特徴よりカルデラであると発表してからは火山活動によって形成されたカルデラであるとした[1]火砕流の痕跡は確認出来ておらず、その形成時期や過程などは不明な点が多いが[1]、いわゆる破局噴火を起こして陥没したような狭義のカルデラではないとされる[2]

カルデラの北端は島原半島を横断する千々石断層と一致する。千々石断層から南方向に小浜断層が走る[1]。また沖縄トラフ北端の天草灘地溝と別府-島原地溝の会合点でもある[3]。カルデラの底となる橘湾の海底は比較的均一で水深も40m程度である[2]

カルデラであるという理由[編集]

島原半島およびその周辺海域で実施された重力観測によって、橘湾には湾の形状とほぼ一致する[1]明瞭なすり鉢状を示す低重力異常が認められている[4]。橘湾の低重力異常の目玉は、10km情報接続による広域異常図では消えてしまうため、地下10kmより浅い部分での密度異常によるものと考えられており、このような浅い火山性の構造としてカルデラが挙げられる。もう1つの理由としては橘湾の浅い場所にマグマ溜まりが存在することが挙げられている[1]。1972年、太田が提唱した千々石カルデラについては、当初は賛同者は多くなかった[5]。マグマだまりの位置については、当初は雲仙周辺の温泉群の陰イオンとガスの成分分析や[6]、地震の震源地移動データーより[6]橘湾地下と想定したに過ぎなかった[6]。また当時は雲仙の温泉の熱源についても有明湾由来であるという説などもあった[6]。しかし1990年からの雲仙普賢岳の噴火にともなう火山観測データーによって、太田の提唱した『マグマ溜まり橘湾説』を裏付ける発表が相次いだ[6]

火山活動のマグマ供給源として[編集]

1990-1994年の雲仙普賢岳噴火の調査によって、橘湾地下13km付近から斜めに仰角40-50度の角度でマグマが上昇し、普賢岳に供給されたことが判っている[7]。その際に雲仙市市街地の東側地下に(猿葉山東南東の雲仙市千々石町岳地区)第二のマグマだまりを形成したことが判っている[6]。1995年の雲仙岳溶岩噴出停止後は、震源地分布が橘湾内部に限定されるようになり、これはカルデラ内のマグマ溜まりの収縮によるものとされている[6]雲仙温泉小浜温泉普賢岳島原温泉等の熱源は、すべてこの千々石カルデラのマグマ由来だとされている。千々石カルデラからの距離によって、熱水が様々な影響を受けて、その場所場所で泉質に違いが見られる結果となっている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 雲仙火山地域の重力異常 小室裕明 志知龍一 島根大学地球資源環境学研究報告 19,97-100ページ(2000年12月)
  2. ^ a b 千々石カルデラと雲仙火山の活動 河野裕希・松島健・清水 洋 九州大学 地震火山観測研究センター 2005年
  3. ^ 太田一也,1987,雲仙火山の地質構造と火山現象.地団研専報,no.33,71-85.
  4. ^ 太田一也,1973,島原半島における温泉の地質学的研究.九州大学 理学部島原火山観測所研究報告,8,1-33
  5. ^ 茂野博 ・阿部喜久男(1986)別府― 九重― 阿蘇― 熊本―雲仙地域 の熱水系地質調査所月報,37,159-181.新エネルギー総合開発機構(1988)地熱開発促進調査報
  6. ^ a b c d e f g h 雲仙火山の温泉 とその地学的背景 太田一也 日本地熱学会誌 第28巻 第4号(2006) 337頁-346頁
  7. ^ 馬越孝道・清水 洋・松尾釧道,1994,精度の良い震源分布から推定した1990-94年普賢岳噴火活動のマグマ上昇経路.火山,39,223-235

関連項目[編集]

外部リンク[編集]