医徳院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
医徳院
Shinojima3.jpg
所在地 愛知県知多郡南知多町大字篠島照浜27
山号 金剛山
宗派 真言宗豊山派
本尊 薬師如来
創建年 1212年
開山 秀範
開基 行基
札所等 知多四国霊場39番
テンプレートを表示
医徳院がある篠島

医徳院(いとくいん)は、愛知県知多郡南知多町大字篠島照浜27にある真言宗豊山派寺院。山号は金剛山。知多四国霊場第39番札所。

由緒[編集]

行基が医王寺十二坊の一つとして開創し、建暦2年(1212年)に奥の院神宮寺として篠島に移転したと伝わる[1]寛正元年(1460年)、夢のお告げで漁師が引き揚げたのが本尊の薬師如来像という[1][2]天正10年(1582年)、本能寺の変により徳川家康岡崎へ戻る途中、ここで一泊して武運長久を祈願している[1][2]。本堂は、延享元年(1744年)に建立されたもので、伊勢神宮西方殿の御用材が使用されている[1]。  

現地情報[編集]

所在地
アクセス
  • 篠島渡船ターミナルより徒歩20分

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『知多四国巡礼 決定版 地図ガイド』歴遊舎、2013年
  2. ^ a b ちたまるナビ 金剛山医徳院

外部リンク[編集]