匝瑳末守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
匝瑳末守
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下安房守
主君 仁明天皇
氏族 物部宿禰
父母 父:物部匝瑳足継または物部匝瑳熊猪
テンプレートを表示

匝瑳 末守(そうさ の すえもり)は、平安時代初期の豪族のち宿禰鎮守将軍物部匝瑳足継[1]または鎮守将軍・物部匝瑳熊猪[2]の子。官位従五位下安房守

経歴[編集]

承和2年(835年物部匝瑳熊猪が連姓から宿禰姓に改姓しており[3]、末守も同時に改姓したか。その後、承和4年(837年)までに物部匝瑳宿禰姓から匝瑳宿禰姓に改姓したらしく、同年以降の『続日本後紀』において末守は全て匝瑳宿禰姓となっている。

承和4年(837年鎮守将軍官職にあったが、前年の春より百姓が妖言を発して騒擾が止まず、奥地の民衆が住居を捨てて逃亡しており、特に栗原賀美両郡の百姓に逃出する者が多いことをあげ、陸奥出羽按察使坂上浄野に政情不安を報告する。これを受けて、坂上浄野は異変に備えるために援兵1000人の動員を朝廷に対して上奏し、許されている[4]

その後も、陸奥守良岑木蓮と共に、奥地の民を鎮めるため承和6年(839年)1000人[5]、承和7年(840年)2000人の援兵を徴発している[6]。なお、承和7年(840年)の記事では末守の官職は前鎮守将軍とあることから、この頃迄に鎮守将軍を辞したものと推測される。その後、承和10年(843年)安房守に任ぜられている[7]

脚注[編集]

  1. ^ 宝賀[2016: 172]
  2. ^ 太田[1963: 2678]
  3. ^ 『続日本後紀』承和2年3月16日条
  4. ^ 『続日本後紀』承和4年4月21日条
  5. ^ 『続日本後紀』承和6年4月20日条
  6. ^ 『続日本後紀』承和7年3月26日条
  7. ^ 『続日本後紀』承和10年2月10日条

参考文献[編集]