北部横貫公路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大渓慈康観光陸橋の北部横貫公路の起点にある「7」の標識

北部横貫公路(ほくぶおうかんこうろ)は、台湾の北部を東西に横断する、全長約129.5kmの省道台7線の自動車道である。一般には「北横公路」と呼ばれる。

桃園市大渓区慈康観光陸橋を起点とし、慈湖・三民・復興羅浮巴陵拉拉山明池(最高点は標高1216m)・棲蘭牛闘梵梵員山宜蘭などを経て宜蘭県壮囲郷公館中国語版に至る。

前身は日本統治時代に建設された「角板山三星間道路」である。戦後、計画段階では「北段横貫公路」と呼ばれていたが、開通後は「省道台7線」の呼称が定着している。1966年5月に全線開通し、現在に至っている。

参考文献[編集]