台7線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tai 7.svg

台7線(たいしちせん)は、桃園市大渓区から宜蘭県壮囲郷に至る台湾省道であり、別称は「北横公路」。

台7線には台7甲、乙、丙、丁線の合計4支線がある。

概要[編集]

歴史[編集]

月日 事跡

通過する自治体[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

接続する道路[編集]

  • 高速道路
    • TWHW5.svg宜蘭IC

支線[編集]

甲線[編集]

Tai 7甲.svg

宜蘭県大同郷の百韜橋を起点とし、台中市和平区梨山を終点とする支線である。全長73.753Km。「中横公路宜蘭支線」の別称である。建設当時の名称は「台中羅東線」だったが、後に「宜蘭支線」で改称し、この略称が使用されるようになった。

乙線[編集]

Tai 7乙.svg

新北市三峽区の大埔を起点とし、桃園市復興区の三民を終点とする支線である。全長14.473Km。

丙線[編集]

Tai 7丙.svg

宜蘭県大同郷の牛鬪橋との交差点を起点とし、同県五結郷台2戊線との交差点(利沢簡付近)を終点とする支線道路である。全長約31.6Km。

丁線[編集]

宜蘭県員山郷の[[双連]]を起点とし、同県宜蘭市を終点とする支線道路である。全長16.210Km。2014年7月16日の行政院公告で、台9甲線の未開通区間が省道指定を廃止された際、既に開通していた東側区間を新たに省道指定したものである。

外部リンク[編集]