北京二七軌道交通装備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北京二七機車廠から転送)
Jump to navigation Jump to search
北京二七軌道交通装備有限責任公司
Beijing Feb.7th Railway Transportation Equipment Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 二七
本社所在地 中華人民共和国の旗 中国
〒100072
北京市豊台区長辛店楊公庄1号
設立 1897年
業種 輸送用機器
事業内容 鉄道用車輛の製造
総資産 1億6900万人民元
従業員数 約4000人
主要株主 中国北方機車車輛工業集団公司の100%子会社
外部リンク http://www.crrcgc.cc/eqjc
テンプレートを表示

北京二七軌道交通装備有限責任公司Beijing Feb.7th Railway Transportation Equipment Co.,Ltd. )は北京市豊台区にある鉄道軌道車輛の設計、製作を行う中国北車集団のグループ企業。

沿革[編集]

  • 1897年光緒23年) - 清朝郵伝部盧保鉄路盧溝橋廠として発足。
  • 1901年(光緒27年) - 義和団の乱により焼失。フランス人ベルギー人技師と共に長辛店に移転し京漢鉄路長辛店機廠と改称。
  • 1948年 - 中華人民共和国鉄道部長辛店鉄道工廠に改称。
  • 1958年 - 大陸中国初の電気式ディーゼル機関車を試作。
  • 1966年 - 北京二七機車車輛工廠に改称。
  • 1971年 - 北京型液体式ディーゼル機関車を試作。
  • 1980年 - 鉄道部にて機関車の修理製造部門と貨車の修理製造部門の分化に伴い、北京二七機車廠北京二七車輛廠に分かれる。
  • 1999年 - ISO9001取得。
  • 2000年9月 - 国有企業の分割化に伴い、中国機車車輛総公司工業が分割され、中国北方機車車輛工業集団公司(北車)の子会社となる。
  • 2002年 - ISO14001取得
  • 2007年 - 社名を北京二七軌道交通装備有限責任公司に変更。

主な事業[編集]

主な製造車輛[編集]

北京型1000番台
東風7G型5000番台

子会社[編集]

  • 北京二七機車配件公司
  • 北京二七長鉄運輸公司
  • 北京東風電器廠
  • 北京長辛店鉄路学校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]