北丹沢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北丹沢
蛭ヶ岳北側より見た北丹沢の山々
蛭ヶ岳北側より見た北丹沢の山々
正面の山は大室山(2011年11月撮影)
所在地 日本の旗 日本 神奈川県山梨県
位置
上位山系 丹沢山地
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

北丹沢(きたたんざわ)は神奈川県北西部に広がる丹沢山地の北側地域の通称である。愛称はキタタン。山岳レースの北丹沢12時間山岳耐久レースが行われる山域として知られる。

概要[編集]

丹沢山地の主稜線部にあたる塔ノ岳丹沢山蛭ヶ岳を中心として、東側を東丹沢、西側を西丹沢、南側を表丹沢(南丹沢)、北側を北丹沢と山地を4地域に分けて呼ぶ際の1地域である[1]裏丹沢(うらたんざわ)と呼ばれることもある。

範囲については明確な定義はなく、特に稜線部では地域が重複する場合が多いが、道志川支流の神ノ川流域、および中津川支流の早戸川流域周辺を北丹沢と呼ぶことが多い。神奈川・山梨県境を成す甲相国境尾根は西丹沢地域として扱われることが多いが、尾根より北側の地域(道志川流域)は北丹沢地域とされることもある[2]

道志山地(どうしさんち)菰釣山(こもつるしやま)三国山(みくにやま)不老山(ふろうざん)大野山(おおのやま)西丹沢(にしたんざわ)大室山(おおむろやま)北丹沢(きたたんざわ)檜洞丸(ひのきぼらまる)蛭ヶ岳(ひるがたけ)丹沢山(たんざわさん)塔ノ岳(とうのだけ)鍋割山(なべわりやま)檜岳(ひのきだっか)三ノ塔(さんのとう)表丹沢(おもてたんざわ)大山(おおやま)東丹沢(ひがしたんざわ)仏果山(ぶっかさん)
北丹沢の区域図(紫の領域)。中央の白い領域は他地域との重複エリア。

地理[編集]

主な山稜[編集]

丹沢主脈(たんざわしゅみゃく)
塔ノ岳より北へ丹沢山蛭ヶ岳姫次黍殻山焼山へと伸び、道志川に下る稜線。この内、丹沢山以北の峰々が北丹沢地域にあたる。
丹沢主稜(たんざわしゅりょう)
山地最高峰の蛭ヶ岳より西側へ檜洞丸犬越路大室山畦ヶ丸菰釣山へと連なり、三国山に至る稜線。大室山以西の神奈川・山梨県境区間は一般に甲相国境尾根と呼ばれる。蛭ヶ岳〜大室山の稜線より南側は西丹沢地域にあたる。
三峰尾根(みつみねおね)
丹沢山より北東へ瀬戸沢ノ頭太礼ノ頭円山木ノ頭本間ノ頭へと伸び、宮ヶ瀬湖畔に下る尾根。太礼ノ頭、円山木ノ頭、本間ノ頭の3山は丹沢三峰と呼ばれる。

主な川[編集]

早戸川・大滝沢にある早戸大滝
  • 道志川
    • 椿沢
    • 大室沢
    • 神ノ川(かんのがわ)
      • 金山谷(かなやまだに)
      • 彦右エ門谷
      • 矢駄沢
      • 日陰沢
      • エビラ沢
    • 釜立沢
    • 横山沢
    • 焼山沢
    • 西沢
  • 早戸川
    • 大滝沢
    • 本谷沢
    • 中ノ沢
    • 瀬戸沢
    • 太礼沢
    • 円山木沢
    • 本間沢
    • 井戸沢
    • 鳥屋金沢
    • 水沢川
    • 金沢

主な滝[編集]

北丹沢の風景[編集]

同角ノ頭(どうかくのあたま)檜洞丸(ひのきぼらまる)熊笹ノ峰(くまささのみね)御正体山(みしょうたいさん)大室山(おおむろやま)風巻ノ頭(かざまきのあたま)関東山地(かんとうさんち)袖平山(そでひらやま)姫次(ひめつぎ)黍殻山(きびがらやま)ヤタ尾根(やたおね)ミカゲ沢ノ頭(みかげさわのあたま)同角ノ頭(どうかくのあたま)臼ヶ岳(うすがたけ)風巻ノ頭(かざまきのあたま)View from Mt.Hirugatake 02-3.jpg
画像の詳細
蛭ヶ岳北側より見た北丹沢の山々。写真左側のミカゲ沢ノ頭〜檜洞丸〜熊笹ノ峰〜大室山の稜線が丹沢主稜、撮影地点から姫次、黍殻山方面に伸びるなだらかな稜線が丹沢主脈で、これら2つの稜線の間の谷が神ノ川である。檜洞丸の左に見える同角ノ頭は西丹沢地域にあたり、奥に見える御正体山は道志川より北側に広がる道志山地の山である。(2011年11月撮影)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 登山道のエリア分け - 神奈川県公式ウェブサイト
  2. ^ 北丹沢方面の自然公園情報 - 神奈川県公式ウェブサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]