コンテンツにスキップ

北モロワリ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北モロワリ県
北モロワリ県の公式印章
印章
県の位置
県の位置
南緯1度59分33.4秒 東経121度20分08.1秒 / 南緯1.992611度 東経121.335583度 / -1.992611; 121.335583
インドネシア
北マルク州
県庁所在地 コロノダレ英語版
面積
 • 合計 18,262 km2
人口
(2010 Census)
 • 合計 104,299人
 • 密度 5.7人/km2

北モロワリ県(きたモロワリけん、インドネシア語: Kabupaten Morowali Utara)はインドネシア中部スラウェシ州に位置する。県都はコロノダレ英語版

2013年4月12日にモロワリ県の一部を分割して設立された[1]

インドネシアと中国企業の合弁会社が県内にニッケルの精錬所を建設している[2]

自治体[編集]

県は10の英語版kecamatan)からなる。

  1. Mori Atas
  2. Mori Utara
  3. Petasia
  4. Petasia Timur
  5. Petasia Barat
  6. Mamosalato
  7. Bungku Utara
  8. Soyo Jaya
  9. Lembo
  10. Lembo Raya

[編集]

  1. ^ Mendagri resmikan 3 kabupaten baru”. Sindo News. 2014年3月25日閲覧。
  2. ^ 中国企業との合弁ニッケル精錬所、スラウェシで着工” (2015年8月5日). 2016年4月4日閲覧。