モロワリ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モロワリ県

Kabupaten Morowali
モロワリ県の公式印章
印章
Locator Kabupaten Morowali.svg
インドネシア
中部スラウェシ州
県庁所在地 ブンクインドネシア語版
面積
 • 合計 15.49012km2
人口
 • 合計 179.649人
等時帯 UTC+8 (WITA)

モロワリ県(モロワリけん、インドネシア語: Kabupaten Morowali)はインドネシア中部スラウェシ州に位置する。県都はブンクインドネシア語版

1999年、モロワリ県はポソ県から分離して設置された[1]

経済的には農業が主幹となっている。2015年時点でインドネシアは資源原鉱石の輸出を規制しており、モロワリ県ではニッケルを精製する工業団地の建設が計画されている[2]

自治体[編集]

県は14の英語版kecamatan)からなり、2010年の調査では人口は以下のようであった。[3]

名称 人口
2010年
Menui Kepulauan
(Menui Islands)
12,064
[ungku Selatan
(South Bungku)
17,273
Bahodopi 6,594
[ungku Tengah
(Central Bungku)
27,774
Bungku Barat
(West Bungku)
10,093
Bumi Raya 11,488
Wita Pondo 16,942
Lembo 20,300
Mori Atas 10,418
Mori Utara
(North Mori)
6,819
Petasia 33,705
Soyo Jaya 7,884
Bungku Utara
(North Bungku)
14,699
Mamosalato 10,269

[編集]

座標: 南緯1度50分44秒 東経121度18分13秒 / 南緯1.84556度 東経121.30361度 / -1.84556; 121.30361