勝俣誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勝俣 誠(かつまた まこと、1946年 - )は、日本経済学者明治学院大学名誉教授。専門は、開発経済学アフリカ地域研究、国際政治経済論。

東京都生まれ。1969年早稲田大学政治経済学部卒業。78年、パリ第一大学博士課程修了(開発経済学博士)。82年から84年まで、セネガルダカール大学法経済学部に勤務。明治学院大学助教授・教授を歴任し、2014年に退職。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『現代アフリカ入門』岩波書店岩波新書〉、1991年。
  • 『サハラのほとり : サヘルの自然と人びと』TOTO出版、1992年。
  • 『アフリカは本当に貧しいのか : 西アフリカで考えたこと』朝日新聞社朝日選書〉、1993年。

編著[編集]

訳書[編集]

  • ウィリアム・アーサー・ルイス『人種問題のなかの経済』産業能率大学出版部、1988年。
  • ジャン・ジグレール『世界の半分が飢えるのはなぜ?』合同出版、2003年。ISBN 978-4772603133

外部リンク[編集]