加藤辿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 辿(かとう たどる、1934年5月22日- )は、日本のテレビディレクター。

略歴[編集]

朝鮮京城生まれ。1958年東京大学文学部仏文科卒、NHK科学産業番組班、チーフディレクターとして科学番組を制作。東京ハイビジョン東京都公害研究所立教大学非常勤講師を務めた[1]

著書[編集]

  • 『地球管理計画 21世紀の資源と人類の危機』日本生産性本部 1969
  • 『公害の未来像 人類は地球を破壊する』日本生産性本部 1970
  • 『都市が滅ぼした川 多摩川の自然史』1973 中公新書
  • 『資源からの発想 新しい自然利用の技術』1979 (中公新書)

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ブライアン・クーパー『アラスカ アメリカ最後のフロンティア』フジ出版社 1977
  • ジョン・セイモアー, ハーバート・ジラルデット『遥かなる楽園 環境破壊と文明』大島淳子共訳 日本放送出版協会 1988

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987