加藤明拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 明拓(かとう あきひろ、1981年 - )は、千葉県出身の実業家、元サッカー選手。株式会社フォワード創業者。カンボジアアンコールタイガーFCオーナーおよびナイジェリアのイガンムFC共同オーナーである。

経歴[編集]

千葉県立八千代高等学校サッカー部にてインターハイ優勝、優秀選手に選出。高校サッカー部時代のチームメイトにはヴィッセル神戸ジェフユナイテッド市原・千葉などでゼネラルマネージャーを務めた高橋悠太がいる。明治大学卒業後、株式会社リンクアンドモチベーション入社。組織人事領域のコンサルティング業務に従事後、スポーツコンサルティング事業部の立ち上げ、ブランドコンサルティング事業部長を経て、2014年にブランドコンサルティング会社である株式会社フォワードを創業した。

2015年3月25日、フォワードはカンボジアのプロサッカークラブ「プノンペンFC」の経営権を取得してカンボジアンタイガーFC(現:アンコールタイガーFC)を設立した[1]。加藤はオーナー兼選手として活動した[2]

2016年3月30日、フォワードはナイジェリア5部リーグに新規参入するイガンムFCへの資本参加を発表。加藤は共同オーナーに就任した[3]。イガンムは2019年現在、3部リーグに参戦している[4][5]

2019年11月29日付で、中央電力等のグループ会社を擁するTeam Energy株式会社にフォワード株80%を売却し、フォワードは同社の連結子会社となった[6]。2020年1月17日付でフォワードの取締役を退任[7]。海外サッカー事業についてはフォワードから加藤が設立した別会社に譲渡されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “ブランドコンサルティング会社フォワード、カンボジアプロサッカークラブ運営事業を開始” (プレスリリース), 株式会社フォワード, (2015年3月25日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000013100.html 2020年3月1日閲覧。 
  2. ^ (参考:アジアフットボール批評01 【特集】アジアのフットボールが世界を変える)
  3. ^ “ナイジェリア「IGANMU FOOTBALL CLUB」への出資及び「カンボジアンタイガーFC」と「イガンムFC」との業務提携のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社フォワード, (2016年3月30日), https://www.forward-inc.co.jp/news/2016/3/30 2020年3月1日閲覧。 
  4. ^ 西澤成世 (2019年5月10日). “日本企業出資のサッカークラブ、ナイジェリア・リーグ3部に昇格”. JETRO. 2020年3月1日閲覧。
  5. ^ 玉利剛一 (2019年9月27日). “ナイジェリア人と共同経営で目指す夢 イガンムFCの成長戦略”. フットボリスタ. 2020年3月1日閲覧。
  6. ^ “株主変更のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社フォワード, (2019年12月18日), https://www.forward-inc.co.jp/news/2019/12/18 2020年3月1日閲覧。 
  7. ^ “役員退任および就任のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社フォワード, (2020年1月17日), https://www.forward-inc.co.jp/news/2020/01/17 2020年3月1日閲覧。 

外部リンク[編集]