加藤定吉 (衆議院議員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤定吉

加藤 定吉(かとう さだきち、1871年2月1日明治3年12月12日[1]) - 1934年昭和9年)4月14日[2])は、明治から大正時代の政治家実業家衆議院議員(3期)。

経歴[編集]

のちの静岡県城東郡土方村(小笠郡土方村、城東村大東町を経て現掛川市)に生まれる[3][4]。土方嶺小学校、韮山の伊豆学校を経て、1891年(明治24年)慶應義塾大学部を卒業する[4]。ドイツ人の経営するイリス商会、横浜貿易商会、兜町金万商会と転じた[4]日清戦争後の1895年(明治28年)に台湾に渡り、さらに義和団の乱が勃発すると中国に渡り、天津や北京で請負雑貨商を営み巨万の富を築いた[4]

1915年(大正4年)3月の第12回衆議院議員総選挙では静岡県郡部から出馬し当選[2]。つづく第13回第14回総選挙でも当選し、衆議院議員を3期務めた[2]。憲政静岡県支部長を務めた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 『第三十六回帝国議会 衆議院議員名簿 大正四年五月十四日訂正』 衆議院事務局〈衆議院公報附録〉、1915年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1352307/100 
  • 中尾栄次郎 『静岡県紳士録』 静岡栄一社、1916年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/910022 
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第11』 大蔵省印刷局、1962年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3000139 
  • 静岡新聞社出版局 編 『静岡県歴史人物事典』 静岡新聞社、1991年。ISBN 4783804249