加藤公明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 公明(かとう きみあき、1950年 - )は、日本史教育者。

千葉県生まれ。1976年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。千葉県立薬園台高等学校教諭。東京学芸大学教育学部特任教授を務めた。現在は国士舘大学で客員教授として講義している。高校日本史教科書の執筆者[1]

著書[編集]

  • 『わくわく論争!考える日本史授業 教室から<暗記>と<正答>が消えた』地歴社 1991
  • 『考える日本史授業 2 絵画でビデオで大論争!』地歴社 1995
  • 『子どもの探究心を育てる博物館学習 歴博の展示を使った歴史学習・総合学習の指導法』歴史民俗博物館振興会 歴博ブックレット 2000
  • 『日本史討論授業のすすめ方』日本書籍 授業づくりの本 2000
  • 『考える日本史授業 3 平和と民主社会の担い手を育てる歴史教育』地歴社 2007

共編

  • 『新しい歴史教育のパラダイムを拓く 徹底分析!加藤公明「考える日本史」授業』和田悠共編 地歴社 2012

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『考える日本史授業』著者紹介