劉栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

劉 栄(りゅう えい、? - 紀元前147年)は、前漢前期の皇族。一時皇太子に立てられた。諡号臨江閔王である。生母の姓にちなんで栗太子とも呼ばれる。

人物[編集]

景帝の長男で、生母は栗姫中国語版である。同母弟に河間献王の劉徳と臨江哀王の劉閼于がいた。また、劉徹(武帝)は異母弟に当たる。

景帝紀元前153年に劉栄を皇太子とした。だが、生母の栗姫は、館陶公主中国語版劉嫖(景帝の同母姉、劉栄の伯母)と犬猿の仲であり、公主は王夫人が産んだ劉徹を皇太子に推した。また、栗姫自身にも不遜な言動があり、紀元前150年冬に弟の劉徹を太子とするため、彼を廃嫡して臨江王に封じた。生母の栗姫はあまりの悔しさで憤死した。

紀元前147年に彼は宗廟を建てる土地に宮殿を建てるという法律違反を犯して都に召喚され、中尉郅都が臨江王を取り調べた[1]。臨江王は都に向かう前に、その途中で道祖神を祀り、それが終えて馬車に乗る時に突然その車軸が折れたという。これを見た江陵の長老たちは涙を流し「われらが王は二度と帰らないであろう」と言った。

王は弁明書を書くための刀筆[2]を要求したが、郅都は与えなかった。魏其侯の竇嬰(竇后の従子)は臨江王の皇太子時代の傅役であったために、他の者を通じ刀筆を秘かに手渡した。臨江王は弁明を記し終わると渡された刀で自決した。

彼の非業の死を聞いた祖母の竇后は激怒して、郅都を些細な落ち度で罪に陥れようとした。そのたびに父景帝は郅都を雁門太守に転任させて匈奴に備えさせるなど庇い続けたが、竇后は息子の景帝に迫って「それでは、郅都は忠臣であっても臨江王は忠臣ではなかったのですか?臨江王は私の可愛い孫であなたの長男なのですよ。あたなは郅都ばかり構って、臨江王のことは何とも思わないのですか?」と叫んだ。母に根負けした景帝は仕方なく郅都を召喚して、これを処刑した。

劉栄には嗣子がなく、臨江国は廃されて南郡に改称された。

脚注[編集]

  1. ^ 漢書衛綰伝によると、外戚の栗氏一族を誅殺するため、景帝が中尉を衛綰から郅都に代えたという。
  2. ^ 刀は、書き損じた時に木簡を削るためのもの。