劉京 (琅邪王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劉 京(りゅう けい、生年不詳 - 81年)は、後漢皇族。琅邪孝王。

経歴[編集]

光武帝陰麗華のあいだの子として生まれた。39年建武15年)、琅邪公に封じられた。41年(建武17年)、琅邪王に爵位を進めた。

劉京は礼儀正しく孝行で、経学を好み、兄の明帝に最も愛された。59年永平2年)、泰山郡蓋県南武陽県華県東莱郡昌陽県盧郷県東牟県の6県が琅邪国に加増された。62年(永平5年)、劉京は琅邪国に下向した。

64年(永平7年)、母の陰太后が死去すると、明帝は太后の遺した財宝を劉京に与えた。劉京はに琅邪国の都を置いた。宮室の改修を好んで、技巧を凝らし、殿館の壁を金銀で飾らせた。たびたび明帝の徳を讃える詩賦を献上し、明帝はその美しさを褒めて、史官に記録させた。

ときの琅邪国に城陽景王祠があり、官吏や民衆の信仰を集めていた。祠の神はたびたび当時の琅邪国の宮殿が宜しくないと託宣した。このため劉京が琅邪国の華県・蓋県・南武陽県・厚丘県贛楡県の5県と東海郡開陽県臨沂県の2県とを交換して、開陽県に琅邪国の王宮を移したいと上書したので、章帝はこれを許した。81年建初6年)2月辛卯[1]、劉京は死去した。は孝といった。東海郡即丘県広平亭に葬られた。

子の劉宇が後を嗣いだ。

子女[編集]

  • 琅邪夷王劉宇

82年、劉宇の弟13人が封じられて列侯となった。

脚注[編集]

  1. ^ 後漢書』章帝紀

伝記資料[編集]

  • 『後漢書』巻42 列伝第32