劇団ガバメンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劇団ガバメンツ(げきだんガバメンツ、2001年結成。 ) は関西を中心に活動する劇団。

概要[編集]

2001年大阪芸術大学芸術計画学科の卒業制作として劇団を結成。 当初は卒業制作のためだけに結成された劇団だったが、 代表である早川康介の劇団継続宣言に賛同した者により、 翌年2月学外での初公演となる『アイボウ〜相席の冒険家たち〜』を上演する。 以降、「コメディしか出来ません。でもいろんなコメディが出来ます」を掲げ、ハイテンポや伏線でみせるものだけではない、様々なスタイルの喜劇を上演している。

2011年で旗揚げ10周年を迎え、新たに「笑いあり、何かあり」を掲げ喜劇の可能性に挑戦している。

メンバー[編集]

  • 早川康介
  • 近藤貴久
  • 西岡裕子
  • ひら凌一
  • 檀上正博
  • 芝なぎさ

上演作品[編集]

「セッカク、ソカクしたのに」

【会場】大阪芸術大学3号館ホール【日程】2001年10月5日/6日

どこかの国の首相の組閣の一日を描いた物語。政治風刺が一切ないポリティカル・コメディ。

「アイボウ~相席の冒険家たち~」

【会場】マジックランプ【日程】2002年2月9日/10日

相席になった冒険家たちの大冒険活劇。定食家から一歩も外に出ないインドアアドベンチャーコメディ。

「シコミのしくみ ~Before Raising The Curtain~」

【会場】マジックランプ【日程】2002年7月19日/20日/21日

悲劇「もう君しか愛せない」の舞台裏を描いた喜劇。親子愛を軸にしたバックステージコメディ。

「ジョン・コリアンダーをやっつけろ!!~Coriander's secret and his room~」

【会場】Art Theater dB【日程】2003年2月14日/15日/16日

ハリウッドスターのホテル滞在の一日を描いたドタバタコメディ。スターのコンプレックスを描いた映画好きの映画喜劇。

「ドツチカ~unromantic love comedy~」

【会場】應典院【日程】2003年12月5日/6日/7日

男女の一方通行を描いたアン・ロマンチックコメディ。片思いはこれほどまでに可笑しく哀しく、迷惑だ。

「さよならホームコメディ~FAREWELL,MR.HOMECOMEDY」

【会場】プラネットホール【日程】2004年7月16日/17日/18日

法事で集まったいとこたちの目的はただひとつ「須賀家の親父が泣ける手紙を書こう」 日本の夏を舞台にしたアンチ・ホームコメディ。

「僕に願いを」

【会場】應典院【日程】2004年12月21日/22日/23日

深夜の公園を舞台にした四つの夜の物語。一人芝居、二人芝居、三人芝居、四人芝居の構成。

「アイボウ 冒険小説家編と恋愛小説家編」

【会場】應典院【日程】2005年10月20日~24日

2002年の「アイボウ」を全面改訂。男ばかりの冒険小説家編と女だらけの恋愛小説家編。

「エキストラバージン」

【会場】in→dependent theatre 2nd【日程】2006年5月19日/20日/21日

大怪獣「ウズラ」の撮影に集まった素人エキストラたちのバックステージコメディ。 グランドホテル形式を取った群集喜劇。

「ツキイチガバメンツ」2007年の1年間、毎月あらゆるスタイルで作品を発表し続けた。

「OnePlate_Comedish」

【会場】cocoroom 【日程】2007年5月25日/26日/27日

ツキイチガバメンツ第五弾の短編集。Aプレート、Bプレート全編書き下ろしのオムニバスコメディ。様々なジャンルのコメディに挑戦した意欲作。

「MISS NESSIE」

【会場】in→dependent theatre 1st 【日程】2007年11月2日~5日

ネッシーの写真を撮った男の関係者の哀しくも可笑しい悲喜劇。 登場人物には悲劇的な状況が、観客には喜劇的に見えるというトラジコメディ(悲喜劇)に初挑戦した意欲作。

「エレクトリカル・パレード」

【会場】一心寺シアター倶楽 【日程】2008年5月10日/11日

家電量販店「トノサマカメラ」に派遣社員として勤める男のその元妻の物語。登場人物14人が全員社員。元妻は舞台上には出演せずに物語を進めるという喜劇には不向きな演出スタイルに挑んだ。

「田中誠行アワー」

【会場】ステージプラス【日程】2008年8月3日/4日/5日

決して笑わない男、田中誠行。 そんな彼を笑わせるために用意された5つの喜劇。 口の中にミルクを入れた彼は耐えることができるのか。

「ROPE」

【会場】in→dependent theatre 2nd 【日程】2008年11月15日/16日/17日

共通点がない囚われた14人の男女たちが、一本のロープで輪のようにつながれていた。 目的はただひとつ、ここから脱出すること。果たして、14人は全員無事に脱出できるのだろうか。「どうして」より「どうするか」を描く心理サスペンスコメディ。

「ライト家族」

【会場】一心寺シアター倶楽 【日程】2009年3月28日29日

ライト兄弟は5人兄弟。ウィルバー・ライトとオービル・ライトは、この大空を飛ぶために人生の全てを賭けた。時代を行き来しながら、語られるライト家族の大河ホームコメディ。

「ハイヤーズ・ハイ」(初演)

【会場】シアトリカル應典院 【日程】2009年7月9日~12日

「OnePlate_Comedish」

【会場】Cafe Slow Osaka 【日程】2010年3月24日~26日

「ちゃんちゃんばらばら」

【会場】in→dependent theatre 2nd 【日程】2010年5月28日/29日/30日

「ホームズホームズ」

【会場】一心寺シアター倶楽 【日程】2010年10月23日/24日 

「ハイヤーズ・ハイ」(再演)

大阪公演【会場】in→dependent theatre 1st 【日程】2011年10月7日~10月10日

東京公演【会場】ポケットスクエア劇場HOPE 【日程】2011年10月13日~10月17日

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「劇団ガバメンツ」は、舞台芸術に関連した書きかけ項目ですが、内容が不十分です加筆・訂正必要ですPortal:舞台芸術)。項目削除の対象である場合もあります。