前川神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
前川神社
Maekawa Jinja.JPG
所在地 埼玉県川口市前川町3丁目49番1号
位置 北緯35度50分27.146秒
東経139度42分47.837秒
座標: 北緯35度50分27.146秒 東経139度42分47.837秒
主祭神 多岐都比売命
多紀理毘売命
狭依毘売命
外3柱
創建 不明
例祭 10月17日
地図
前川神社の位置(埼玉県内)
前川神社
前川神社
テンプレートを表示

前川神社(まえかわじんじゃ)は、埼玉県川口市にある神社である。

祭神[編集]

本殿に勢貴大明神、(いわゆる宗像三女神多岐都比売命,多紀理毘売命,狭依毘売命)を祀る。 相殿に天照大御神猿田彦神菅原道真の3柱神を祀る。

歴史[編集]

1512年7月15日落雷による火災によって社殿や古記録を焼失したため、創建年は不明である。

神像は元々文蔵村(現:さいたま市南区文蔵)に祀られていたが洪水で流され、この地に堰き止められたことから「堰神社」として創建され、後に「勢貴社」に改められた。1873年前川村の村社となり、島在家神明社、山王社などを合祀した。1965年に「前川神社」に改称。1978年4月5日、内本殿が川口市指定文化財に指定された[1]

『新編武蔵風土記稿』に、前川神社について「勢貴明神社、祭神、多気津姫命、水災守護のため勧請」と書かれている。

行事[編集]

10月17日に例祭がある[2]

脚注[編集]