則井万寿雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
則井万寿雄

則井 万寿雄(のりい ますお、1879年明治12年)10月24日 - 1936年昭和11年)10月26日[1])は、衆議院議員立憲政友会)、弁護士

経歴[編集]

岡山県上房郡川面村(現在の高梁市)出身。明治大学を卒業し、さらに同大学研究科で法学の研究を続けた[2]1904年(明治37年)に判事検事登用試験に合格し、高松地方裁判所に勤務したが、1年で辞した[2]。その後、東京で弁護士を開業したが、岡山に戻って高梁で開業した[2]

やがて岡山県会議員、同参事会員に選ばれ、1930年(昭和5年)には県会議長に選出された[3]

1934年(昭和9年)、衆議院議員補欠選挙に立候補し、当選を果たした。

その他に高梁川漁業組合長を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『衆議院議員略歴』
  2. ^ a b c 『岡山県人物月旦』P.283
  3. ^ 『岡山県行幸記念誌』P.153

参考文献[編集]

  • 『岡山県人物月旦』岡山新聞社、1918年。
  • 『岡山県行幸記念誌』岡山県行幸記念誌刊行会、1934年。
  • 『第一回乃至第十九回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1936年。