別木庄左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

別木 庄左衛門(べっき しょうざえもん、生年不詳 - 承応元年9月21日1652年10月23日))は、江戸時代前期の牢人承応の変の首謀者。姓は戸次とも表記される。

経歴[編集]

元は越前国大野藩士で200石を領したが、浪人となって江戸に出て、軍学を講じた。

1652年崇源院徳川秀忠正室)の27回忌が増上寺で催されるのを期して、林戸右衛門三宅平六藤江又十郎土岐与左衛門等と共に、江戸市中に放火、江戸幕府首脳を暗殺しようと企てたが、密告によって露見し、同志と共に磔刑に処せられた(承応の変)。

この頃、前年には由井正雪らの慶安の変が起こるなど、大名取り潰しなどに伴う牢人増加が、大きな社会問題となっていた。

関連項目[編集]