判断力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
判断から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

判断力(はんだんりょく)とは、デジタル大辞泉によると、「1 物事を正しく認識し、評価する能力。それは、可能性、能力の問題でもあるといわれる。」[1]

イマヌエル・カントの『判断力批判』がこの分野の古典としてよく知られている。カントの判断力は、Urteilskraftと標記し、これは純粋理性や実践理性に対置して用いられ、主に趣味的な判断をなすことのできる能力と理解されていた。つまり、判断力とはカントでは、正しい認識の能力ではなく、真偽を見抜く純粋理性と、何をなすべきか、ことの善悪を見抜く実践理性との間に橋を架けるような能力として考えられていたのである。

犯罪などで、この能力が劣っている人間は罰せられない、といったことが言われるが、哲学の分野でのこの用語の用法とはかならずしも整合していない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,精選版. “判断力とは” (日本語). コトバンク. 2020年9月25日閲覧。

関連項目[編集]