初村滝一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

初村 滝一郎(はつむら たきいちろう、1913年(大正2年)11月5日 - 2005年(平成17年)7月30日)は、日本の政治家自由民主党参議院議員長崎県出身。長崎県立五島中学校卒業。元衆議院議員初村謙一郎は長男。孫は同姓同名の『初村滝一郎(初村謙一郎長男)』。日韓トンネル研究会顧問を務める。勲一等旭日大綬章受章(1992年)。

来歴・人物[編集]

長崎県議会議長を経て1970年(昭和45年)、参議院議員補選に長崎県選挙区から立候補し、初当選。1992年(平成4年)に引退するまで4期22年務めた。1981年(昭和56年)11月から1982年(昭和57年)11月まで鈴木善幸改造内閣労働大臣を務めた。

2005年(平成17年)7月30日、急性心不全のため長崎県諫早市内の病院で死去。享年93(91歳没)。


議会
先代:
原文兵衛
日本の旗 参議院予算委員長
1988年 - 1989年
次代:
林田悠紀夫
先代:
亀井善彰
日本の旗 参議院農林水産委員長
1973年 - 1974年
次代:
佐藤隆
公職
先代:
藤尾正行
日本の旗 労働大臣
1981年 - 1982年
次代:
大野明