刑部千国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

刑部 千国(おさかべ の ちくに、生没年不詳)は、奈良時代防人

経歴・人物[編集]

上総国市原郡の人物。天平勝宝7年(755年)2月、防人として筑紫に派遣された際、妻を思い詠んだ歌が『万葉集』に1首入集[1]

[編集]

  • 葦垣の 隈所に立ちて 我妹子が 袖もしほほに 泣きしそ思はゆ[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『万葉集』20巻-4357