内田保秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
内田 保秀
うちだ やすひで
生年月日 1898年1月14日
出生地 日本の旗鳥取県米子市
没年月日 (1957-06-23) 1957年6月23日(59歳没)
前職 米吾代表取締役

在任期間 1953年 - 1955年
テンプレートを表示

内田 保秀(うちだ やすひで、明治31年(1898年1月14日 - 昭和32年(1957年6月23日)は日本実業家政治家。元米吾代表取締役。内田家の12代目[1]。元米子市議会副議長

経歴[編集]

鳥取県米子市出身。

大正15年(1926年)社長職に就いた保秀にとって、先代・秀蔵とともに建設を始めた「米子米吾ビル」の竣工が初仕事となった[1]

昭和22年(1947年)、米子市議会議員に立候補し初当選を果たした[1]。昭和24年(1949年)には、「米吾」を有限会社とした[1]。昭和28年~30年(1953~1955年)には市議会副議長をつとめた[1]

家系[編集]

内田家は代々米問屋を家業としていた[2]明治7年(1874年)廃業[2]旅館経営へ転業[2]明治35年(1902年)国鉄山陰線敷設以来[2]米子駅構内営業を始める[2]

参考文献[編集]

  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 ウ…83頁

史料[編集]

大正5年(1916年)刊の『陰陽八郡一覧』によって、国税二十円以上の納税者をみると、 米子駅前通りと考えられる成実村では、

内田秀蔵[3](「米吾」、物品販売、二十八円二十銭)
石田運送合名運送請負、五十一円三十銭)
柏木正一(旅館、二十三円八十銭)
名島合名(物品販売、五十九円三十銭)
赤沢康平[4]請負、五百十四円六十銭)となっている。[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「多角化」「地域振興」1926年~1957年|「米吾」オフィシャルブログ
  2. ^ a b c d e 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 ウ…83頁
  3. ^ 米吾代表取締役内田保秀の父。
  4. ^ 元自治大臣赤沢正道の父。
  5. ^ 『米子商業史』499-500頁

外部リンク[編集]