共沈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

共沈(きょうちん)とは溶液中に分散し浮遊している微粒子同士がくっつき合うことで、微粒子の総質量に比べて表面積が減少するのに伴って、表面電荷により重力に抗して分散する力が衰えて沈殿するようになる現象である。 あるいは、比重の軽い微粒子(浮遊物)に比重の大きいを析出させ、強制的に沈殿させること。

関連項目[編集]