光画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

光画(こうが、光畫)とは、日本戦前期の写真に関する雑誌。

1932年に、写真家である、野島康三中山岩太木村伊兵衛を同人として刊行。第2号から、写真評論家である伊奈信男が同人として参加。1933年まで、全18号が刊行されている。発行元は、当初は、聚楽社、1933年に入ると、光画社となっている。資金的には、野島個人がかなりの負担をしていたという。

この雑誌は、新興写真を代表するような傾向の作品を多く紹介し、また論文としても、海外の状況を含めて、写真に関する新しい動向を紹介している。特に、第1号に掲載された伊奈信男による論文「写真に帰れ」は、新興写真を対象とした代表的な論文である。以上のようなことから、短命に終わったとはいえ、日本写真史において、重要な位置を占める雑誌ということができる。

ただ、1930年代当時に、写真家の桑原甲子雄がその存在を知らなかったという事実があるように、この雑誌が、発行当時に、写真関係者(プロ・アマチュアを含む)の間でまんべんなく知れ渡っていたとは考えにくい。

この雑誌に、作品が掲載されている写真家は以下のとおりである。

野島康三、吉川富三、窪川得三郎、青木春雄、紅谷吉之助、木村伊兵衛、錦古里孝治、高麗清治、岡野一、佐久間兵衛、飯田幸次郎、中山岩太、井深 徴、堀野正雄、堀不佐夫、花和銀吾ハナヤ勘兵衛、三浦義次、橋本恭典、近松嘉吉、河原井 晋、梅林長治郎、鹿兒島治朗、田中一、桑田和雄、光墨弘安井仲治、蘆澤道男、佐溝勢光、小松三郎、中岡健治、横濱進、佐伯良、矢野修二、尾崎清六、若柳義太郎、二宮喜夫、那智祐介、川野四夫、小山田忠事、池田菊治、井出勤次、吉澤弘、櫻井吾郎、山川健一郎、上田實良、佐藤虹兒、大束元、富本憲吉、松原重三、潮田幾久雄、山内光、佐瀬五郎、矢橋乙也、松崎不二男、三澤賢三、池田四郎、名取洋之助、長峰利一、井上章、小島彰夫、吉川朝太郎、沖尚 一、堀田頼雄、佐久間盛雄、古川正三(全66名)

なお、この雑誌には、1人の写真家が変名、別名等を用いて複数の名前で作品を掲載している場合もあるといわれており、上記写真家名には重複があると考えられる。

参考文献[編集]

  • 写真に帰れ 『光画』の時代/飯沢耕太郎/平凡社/1988年
  • 光画・復刻版(全3巻)/復刻版「光画」刊行会編/復刻版『光画』刊行会/1990年
  • 光画傑作集/日本写真史の至宝・別巻/飯沢耕太郎・金子隆一監修/国書刊行会/2005年

関連項目[編集]