光度距離

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

光度距離 (こうどきょり、luminosity distance) とは、絶対等級みかけの等級との関係を示す。

定義[編集]

 M = m - 5 (\log_{10}{d_L} - 1)\!\,

これより

d_L = 10^{\frac{(m - M)}{5}+1}

d_Lの単位はパーセクである。近距離においては(天の川銀河内など)光度距離は、実際の幾何学的な距離の目安として便利である。

一方、天の川銀河の外の遠方の天体については、この関係は単純ではなくなる。なぜなら、みかけの等級は、時空の曲線の影響を受け、赤方変移や時間のずれを生じるからである。光度距離と、たとえば天体の赤方変移の関係を計算するには、様々な要素を加味しなければならない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]