光受容体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

光受容体(ひかりじゅようたい)とは、生物が持つ受容体のうち、を刺激として受容する化合物(有機分子、蛋白質)や感覚器(光受容細胞、視細胞)を指す。

光受容物質の種類[編集]

動物の光受容体のひとつにロドプシンが知られている。ロドプシンは脊椎動物の眼球内に存在し、視覚を司っている。植物の光受容体には,遠赤色/赤色光受容体のフィトクロム、紫外-青色光受容体のクリプトクロムおよびフォトトロピンが知られている。