クリプトクロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CRY1


クリプトクロム(Cryptochrome, Cry)は青色受容体タンパク質である。

ギリシャ語で「隠れた色素」(κρυπτοσ χρομοσ) という意味であり、元来は植物にあると想定された青色光受容体を指した。現在では特定の一群のタンパク質の名称であり、植物にはもう一種の青色光受容体であるフォトトロピンも見つかっている。クリプトクロムは緑藻から高等植物までにあり、さらに動物などにもよく似たタンパク質があることが明らかになっている。

クリプトクロムはフラビンタンパク質で、植物では光に基づく花芽形成、伸長、概日リズムなどの調節に関与している。青色光は光屈性にも関わっているが、これはクリプトクロムでなくフォトトロピンによることがわかっている。植物にはこのほかに赤色・近赤外光受容体フィトクロムがある。多くの植物ではクリプトクロムには2種類あり、CRY1およびCRY2と呼ばれている[1]


クリプトクロムは、光をエネルギー源としてDNA修復を行う細菌酵素であるフォトリアーゼに構造が似ており(酵素活性は失っている)、進化的にはこれに由来すると考えられている。色素団としてプテリンとフラビンの2つを含んでいる。プテリンが光子を吸収し、これにより電子が放出され、この電子はフラビンに吸収される。これによりクリプトクロム分子はリン酸化を受け、さらにシグナル伝達の引き金を引くものと考えられているが、詳細は不明である。

クリプトクロムは動物(脊椎動物昆虫サンゴなど)やシアノバクテリア(藍藻)にも見つかっているが、これらは植物のものとは別系統とされる(Zhu, etal.2005 CurrBiol)。

動物では概日リズムに働く2タイプのCryがある。ほ乳類のCryは光受容能力はなく、CLOCK/BMALの抑制に働く。キイロショウジョウバエのCRYは青いを受容して概日リズムをリセットするが、抑制能力はない。ただし, ミツバチ, ハマダラカなど他の昆虫ではほ乳類型とショウジョウバエ型の両方のCryを持っている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Griffin, E. A.; Staknis, D.; Weitz, C. J. (1999-10-22). “Light-independent role of CRY1 and CRY2 in the mammalian circadian clock”. Science (New York, N.Y.) 286 (5440): 768–771. ISSN 0036-8075. PMID 10531061. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10531061. 
  2. ^ Zhu, Haisun; Yuan, Quan; Briscoe, Adriana D.; Froy, Oren; Casselman, Amy; Reppert, Steven M. (2005-12-06). “The two CRYs of the butterfly”. Current biology: CB 15 (23): R953–954. doi:10.1016/j.cub.2005.11.030. ISSN 0960-9822. PMID 16332522. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16332522.