儀間真常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

儀間 真常(ぎま しんじょう、嘉靖36年(1557年) - 順治元年10月14日(1644年11月13日))は、第二尚氏王統琉球王国の士族、殖産家。唐名は麻 平衡(ま へいこう)、童名は真市。

サツマイモを広めたり、木綿栽培・織物の普及や製糖技術の導入をはかったりするなどして、琉球王国の産業基礎を築き、経済を振興した[1]

後世、伊波普猷真境名安興により「琉球の五偉人」の一人に数えられている。

概要[編集]

大城按司真武(麻普蔚)の後裔にあたり、麻氏大宗家の6世である。

1605年野国総管中国から持ち帰った蕃薯(サツマイモ)を琉球各地に広めたほか、薩摩藩から木綿種を持ち帰り、その栽培と木綿織りを始めさせ、琉球絣の基礎を築き、砂糖(ただし当時の砂糖は黒砂糖を意味する)の製法を広めたことなどが業績に挙げられる。中でも砂糖は、その後の琉球の経済を支える重要産物となり、蕃薯はのちに薩摩藩を経て日本全国へと広がり、「サツマイモ」の名称で知られるようになった。

墓所は那覇市首里崎山町にあり、産業の恩人を祀った世持神社那覇市奥武山町)では、蔡温や野国総管とともに祀られている。

系譜[編集]

儀間親雲上真命(麻時嘗)の三男として生まれる(母は真鍋)。室に毛氏阿波根子盛懿の娘:真鍋を迎え、1男1女をもうけた。嫡男が真常より先立って逝去したため、嫡孫の儀間親雲上真時(麻作愿)が跡を継いだ。

  • 父:儀間親雲上真命(麻時嘗)
  • 母:壮氏真鍋
    • 長兄:大嶺親雲上
    • 次兄:儀間仁屋
    • 長姉:思玉(兪良金・平安山親雲上重明に嫁ぐ)
  • 室:毛氏真鍋
    • 長男:儀間里之子親雲上真之(麻挙要)
      • 長孫:儀間親雲上真時(麻作愿)
    • 長女:真牛(越来仁屋に嫁ぐ)

経歴(月日は旧暦)[編集]

  • 1557年嘉靖36年) - 生まれる。
  • 1573年1592年万暦年間) - この間までに黄冠に陞る(→儀間里之子親雲上真常)
  • 1593年(万暦21年)5月16日 - 父・儀間親雲上真命の跡を継ぎ、真和志間切儀間地頭となる(→儀間親雲上真常)
  • 1605年(万暦33年) - 野国総管が中国から蕃薯を持ち帰ったことを聞きつけ、その苗と栽培法を学び、以後琉球各地に広める。
  • 1609年(万暦37年)5月17日 - 薩摩の琉球侵攻により、尚寧王が上国することになるが、このとき勢頭役として随行。
  • 1611年(万暦39年)9月13日 - 木綿種を携えて帰国。那覇泉崎村に住んでいた薩摩出身の女性2人(梅千代と実千代)から木綿の織り方を学び、これを広める。
  • 1623年天啓3年) - 采地儀間村の者を中国へ遣わし、製糖法を学ばせる。以後これを広める。
  • 1624年(天啓4年)1月15日 - 紫冠に陞る(→儀間親方真常)
  • 1633年崇禎6年) - 長男・儀間里之子親雲上真之が亡くなる。
  • 1639年(崇禎12年) - 長孫・儀間親雲上真時が跡を継ぎ、真和志間切儀間地頭となる。
  • 1644年順治1年)10月14日 - 亡くなる(享年88)。

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]