個食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

個食(こしょく)とは家族に属する個人が、個人で食事を摂ることである。または、一人ずつに分けられた個々の食品のこと。

概要[編集]

この言葉は、日本にて1990年代より家庭のありようや一家団欒などの習慣が失われつつあることを憂う延長で使われるようになった言葉である。1980年代カギっ子といった社会現象キーワードにも通じ家庭の持つ家庭教育の場としての機能の喪失や、あるいは食生活の不健全さといった事態を問題視する論説中に見出せる言葉である。

個人で食べる個食は20世紀末より次第に通いやお稽古事などで子供の帰宅が遅くなるといった事情や残業や共働きなどで親との生活サイクルがかみ合わなくなったりするなどして家族揃って一緒に食事が出来ず、子供がコンビニエンスストア弁当おにぎりファーストフードハンバーガーセットなど出来合いの食事で夕食を済ませたり、あるいはインスタント食品スナック菓子夜食にと食べて済ませてしまうケースが見られる。

ただこれら簡便な食品は「とりあえず空腹が収まる」程度でしかない高カロリーで栄養面ではアンバランスなジャンクフードであるなど育ち盛りの子供は勿論、健康な生活で求められる各種栄養の不足やアンバランスの原因となりやすく問題とみなされる。

また、ちゃぶ台ダイニングテーブルの普及とともに夕食などの一緒に食事を取る行為や一家団欒が家族間のコミュニケーションの場としても機能していた[1][要出典]。しかし1970年代より家族の会話がテレビ受像機の視聴にとって替わるという現象が問題視され始めたほか、この個食によってもやはり家族コミュニケーションが阻害され「暖かく幸せな家庭」という機能が失われる[要出典]、又はそういった経験を経ずに育った子供が人間性を欠くのではないかという危惧も教育・社会学方面などから挙がっている[2][要出典]。それに対し、そもそもの「食卓での団欒」像に疑問を投げる意見もある[3]

脚注[編集]

  1. ^ 井上忠司「食卓生活史の調査と分析 : 食卓生活史の量的分析」 25-Dec-1991 国立民族学博物館研究報告別冊
  2. ^ 内閣府「平成23年版食育白書」P49-50
  3. ^ 表真美「家庭科が教えてきた「食卓での家族団らん」 : 戦後教科書から」 2006年1月31日 京都女子大学発達教育学部

関連項目[編集]