信太巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
信田巻から転送)
移動先: 案内検索

信太巻(しのだまき)は、油揚げを開いて、野菜、魚介のすり身、肉、豆腐などいろいろな食材を巻いた食品。また、蒲鉾の表面を油揚げで覆った魚肉練り製品

そのまま煮物として、またおでんだねなどにも用いられる。

名前の由来[編集]

油揚げを使った料理は信太信田(発音は共にしのだ)と呼ばれる事がある。

これは狐の好物が油揚げだという伝承と、信太の森の狐の伝説(「葛の葉」の項参照)にちなんだものである。