信仰後退者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

信仰後退者(しんこうこうたいしゃ)とは、キリスト教改革派の用語で信仰が後退した者の事である。

信仰後退者の教理の根拠となる聖句は、詩篇37篇24節である。改革派には聖徒の永遠堅持の教理があり、「一時的転倒」をして主に立ち返る信仰後退者と、新生していなかった者を区別する[1]。信仰後退者は一時的に信仰から離れても、必ず返って来るとされる。[2]

信仰後退者が主に立ち返った例として、ヒュー・レッドウッド著『貧民窟における神』、パーシィ・ラッシュ著『炎の中からの燃えさし』などがあげられる[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『試練の中の信仰』p.185
  2. ^ 『試練の中の信仰』p.200-201
  3. ^ 『試練の中の信仰』p.189

参考文献[編集]