侯成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

侯 成(こう せい、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の武将。

正史の事跡[編集]

姓名 侯成
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 騎将
爵位・号等 -
陣営・所属等 呂布曹操
家族・一族 〔不詳〕

呂布配下の騎将。史書の記述は断片的で、『後漢書』呂布伝や、『三国志』魏書呂布伝の注で引用されている『九州春秋』などに散見される。

ある時、侯成の客人が侯成の所有する15頭の馬を奪い、逃げる事件があった。侯成は追いかけて馬を奪い返し、同僚たちから祝賀されたという。またある時、侯成は酒と猪肉を同僚に振る舞おうとを考え、先に呂布に献上してその許可を得ようとした。しかしこの時、呂布は禁酒中であったために怒り、侯成を面罵したという。これに恐怖と憤懣を抱いた侯成は、建安3年(198年)、呂布が曹操に追い詰められ下邳城に立て篭ったとき、同僚の魏続宋憲と共に反乱を起こし、呂布の参謀陳宮を捕縛して[1]、曹操軍へ寝返った。これが基で呂布は曹操に降伏し、処刑された。

以上の他には、史書に記述は見当たらない。


物語中の侯成[編集]

小説『三国志演義』では、呂布配下の八健将の1人(序列第8位)として登場する。曹操との戦いでは、曹操を後一歩まで追い詰めるものの、曹操軍の典韋に撃退される。呂布に酒肉を献上するくだりは史実と同様だが、さらに呂布から罰棒50回の刑を加えられている。その後、呂布の赤兎馬を盗んで曹操に降り、魏続・宋憲と協力し、呂布・陳宮を生け捕りにしたことになっている。その後は登場しない。

注釈[編集]

  1. ^ 『後漢書』呂布伝では、侯成らは高順も捕縛している。

参考文献[編集]