供託法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
供託法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 供託法
法令番号 明治32年2月8日法律第15号
種類 民法
効力 現行法
主な内容 供託に関する法律
関連法令 民法商法公職選挙法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

供託法(きょうたくほう、明治32年2月8日法律第15号) は、供託の手続を定めた日本法律である。1899年明治32年)2月8日公布、同年4月1日施行。最終改正は平成26年6月13日法律第69号。供託の手続きの細則は法務省令によって規定されている(供託規則)。

概要・用語[編集]

  • 供託所・供託官(1条 - 1条の8)
    • 処分に対する審査請求(第1条の4)
供託官の処分を不当とする者は監督法務局又は地方法務局の長に審査請求が出来る。
  • 供託書(2条)
  • 供託金(3条 - 4条)
  • 指定倉庫営業者等について(5条 - 7条)
  • 権利証明(8条)
  • 無効事由(9条)
  • 供託物引渡拒否事由(10条)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]