佐藤清右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 清右衛門(さとう せいえもん、1846年6月7日(弘化3年5月14日[1][2])- 1929年昭和4年)2月5日[3])は、明治から昭和時代初期の政治家実業家。徳清の9代目[4]貴族院多額納税者議員。幼名は種次郎[4]

経歴[編集]

盛岡出身[4]。佐藤徳次郎の長男として生まれる[1]。幼少期に小野組の銭店で丁稚奉公する[4]。1879年(明治12年)10月、祖父清右衛門から家督を相続した[1]。ほか、北上回漕会社、交話会、第九十国立銀行重役などを歴任した[4]1896年(明治29年)には盛岡銀行の創立に参画し、岩手農工銀行の重役も務めた[4]

1892年(明治25年)岩手県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年6月29日[5]から1897年(明治30年)9月28日まで在任[3]原敬とも親交があり、有力な支援者の一人でもあった[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『大正人名辞典 第3版』1212頁。
  2. ^ 『岩手人名辞典』123頁。
  3. ^ a b 衆議院、参議院 編 1960, 194頁.
  4. ^ a b c d e f g 竹内ほか 1998, 195頁.
  5. ^ 『官報』第2703号、明治25年7月2日。

参考文献[編集]

  • 東洋新報社編『大正人名辞典 第3版』東洋新報社、1917年。
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第1』 大蔵省印刷局、1960年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3034963 
  • 竹内理三ほか 編纂 『岩手県姓氏歴史人物大辞典』 角川日本姓氏歴史人物大辞典3、角川書店、1998年。ISBN 4040020308 
  • 『岩手人名辞典』(財)新渡戸基金、2009年。