佐藤東華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう とうか
佐藤東華
佐藤東華1.JPG
生誕 慶應3年
岩手県一関市東山町長坂字町63番地
死没 大正12年12月16日
北海道北見市
墓地 北海道北見市野付牛峠
国籍 日本の旗 日本
職業 ジャーナリスト
佐藤洞潭(さとう どうたん)

佐藤東華(さとう とうか、1867年慶應3年)- 1923年大正12年)12月16日)は、明治大正時代のジャーナリスト。本名は佐藤敬吉(さとうけいきち)。

生涯[編集]

猊鼻渓岩手県一関市東山町)の観光地開発に携わった佐藤猊巌(さとうげいがん)の実弟。1916年大正5年)「磐井(いわい)の名勝」を出版、猊鼻渓の項あり。仙臺風藻(せんだいふうそう)1912年大正元年)9月27日出版によると、慶應3年 丁卯 生まれで、中陸新聞仙臺新聞秋田魁新報などの記者として従事中と記載がある。後に北海道に移住した。また、「胆振公論」(いぶりこうろん)という雑誌を発行していた。生前に、3冊の書籍を出版している。大正12年12月16日に没す。享年57。北海道北見國野付牛峠(のっけうしとうげ)に墓がある。野付牛は現在の北見市である。

著作等[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]