佐藤恒夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 恒夫(さとう つねお、1925年12月18日 - 1992年9月16日)は日本の元スピードスケート選手である。オリンピアン。宮城県出身。

苫小牧工業学校(現・北海道苫小牧工業高等学校)を経て日本大学専門部工科を1951年に卒業。苫小牧製紙に入社。

1952年のオスロオリンピックに出場し500mで18位、1500mで11位だった。1952年ストックホルムの国際大会で千五百㍍に優勝し、世界選手権大会にも出場した。

1949年度の第18回全日本スピードスケート選手権大会で1500mと5000mで1位となり、総合優勝を果たす。全日本選手権で1500mに1947、1949年度(1948年度は中止)2連覇。日本学生選手権で千五百㍍に1946、1947、1949年度の3回優勝。1968年のグルノーブル冬季オリンピックではスピードスケートのコーチを務めた。

1992年9月16日、肺不全のため66歳で死去。

外部リンク[編集]