佐藤和夫 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤和夫(さとう かずお、1932年 -2014年8月29日 )は、日本史研究者、特に水軍史。 福島県白河市生まれ。1958年早稲田大学文学部日本史学科卒業。64年同大学院文学研究科修士課程修了。58年から93年私立中学・高校で教壇生活(青森県東奥義塾、東京都京北高校、横浜市捜真女学校)。91年第16回郷土史研究賞・特別優秀賞受賞(新人物往来社主催)。93年教職を退く。

著書[編集]

  • 『日本水軍史』 原書房、1985
  • 『戦国武将の家訓』 新人物往来社、1986
  • 『日本中世水軍の研究 梶原氏とその時代』 錦正社史学叢書、1993
  • 『海と水軍の日本史 上巻 (古代〜源平の合戦まで)』 原書房、1995
  • 『海と水軍の日本史 下巻 (蒙古襲来〜朝鮮出兵まで)』 原書房、1995、のち「水軍の日本史」と改題 
  • 日本海海戦ハンドブック これだけは知らせたい基礎知識とデータ集 日本海海戦100周年記念』編著、歴研、2003

参考[編集]