佐伯鞍職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐伯 鞍職(さえき の くらもと、生没年不詳)は、大和時代安芸豪族である。は直。厳島に住む佐伯部の有力者であったとされる。

推古元年(593年)、市杵嶋姫命の神託により厳島神社を創建し、初代神主となった。以後安芸国造佐伯氏が代々神主を務める(厳島神主家)。一時、藤原家に神主職を奪われるが、藤原神主家が滅亡すると再び佐伯氏が務め、世襲により現代に至る。

没後、三翁神社金刀比羅神社に神として祀られる。

関連項目[編集]