佐伯三野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐伯 三野(さえき の みの、生年不詳 - 宝亀10年2月6日779年2月26日))は、奈良時代貴族。名は美濃とも記される。右衛士督佐伯人足または参議佐伯今毛人の子。官位従四位下右京大夫

経歴[編集]

天平宝字8年(764年藤原仲麻呂の乱が発生すると、三野は従五位上叙爵されて孝謙上皇方として活動する。近江国高島郡三尾埼で三野は大野真本らとともに恵美押勝(藤原仲麻呂)軍と交戦し、これを多数殺傷している。

天平神護元年(765年左衛士佐に任じられ、翌天平神護2年(766年)には乱での功労により功田20町を与えられる。天平神護2年(767年)には下野守に任ぜられ地方官に転じた。

宝亀元年(770年光仁天皇即位に伴って正五位下に昇叙される。宝亀2年(771年従四位下に叙されるとともに、陸奥守鎮守将軍に任官するが、蝦夷征討へ向けた大規模な軍事活動の実行には至らず、翌宝亀3年(772年)には早くも右京大夫に任ぜられ京官に復す。

宝亀10年(779年)2月6日卒去。最終官位散位従四位下。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三野の父については、佐伯今毛人の項の脚注を参照。
  2. ^ a b 鈴木真年『諸系譜』第8冊,佐伯宿禰

参考文献[編集]