佐々木愚山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
佐々木溥 (愚山)
時代 江戸時代末期 - 明治時代初期
生誕 文政6年1月11日1823年
死没 明治29年9月14日1896年)
別名 溥綱、綱弘
墓所 群馬県高崎市本郷町
氏族 宇多源氏佐々木氏
父母 父:源淡斎
つる
穀堂、左原太、ツネ、サダ、とよ、モト
テンプレートを表示

佐々木 愚山(ささき ぐざん 1823年1月11日 - 1896年9月14日)は、江戸時代末期から明治時代初期の儒学者。同じく儒者である源淡斎(別称、中田三平)の子として、仙台藩にて生まれる。祖先を佐々木盛綱であると称するが詳細は不明。 身長六尺、容貌魁偉で声が大きいと言われた。幻の儒者、奇人漢学者とも。 下野(栃木県)足利学校の都講、安中藩校造士館、七日一藩、勝山藩支領白川などの藩校教授を歴任し、明治維新後は群馬県神道事務局講師、中教正として同県の神職者を指導し、榛名山麓で私塾「白烏堂」をひらく。門人三千人とも言われる。明治29年9月14日死去。74歳。 陸奥(むつ)牡鹿郡(宮城県)出身。名は溥(ひろし)。字(あざな)は子淵。号は愚山の他、十二峯、小陰など。著作に「日新録」。 その後,息子の穀堂は医業を業とし、左原太は農学や詩歌を業とした。 群馬県高崎市本郷町の本郷神社には、佐々木愚山の顕彰碑が置かれており、同じく本郷町の上野国衆小幡氏ゆかりの墓所にて、愚山とその妻、娘の墓がある。